耳閉感と耳鳴りの患者さま

9月のシルバーウイークが終わった頃、左耳が熱を持ちその数日後耳詰まりと大きな耳鳴りに襲われました。耳鼻科では聴力が落ちていなかったため病名はつきませんでしたがお薬が処方されしばらくして耳鳴りの音量は半減しました。しかし、その後は病状は停滞してしまい考えた挙句、鍼灸治療に思い至りました。耳鳴りが起きたのは渋滞に巻き込まれ長時間同じ姿勢でいた後の頭痛やひどい肩凝りがきっかけではないかと疑っていたので耳だけでなく血流を含め身体全体を診て貰った方が良いのではと思ったからでした。

ネットで探して「ほし治療院」で診て頂こうと決めました。まずは、耳の治療が受けられること、それに先生が女性の方であったことも鍼灸初心者の私には大きかったと思います。

恐る恐るお伺いした治療院は、しっかりとコロナ対策がとられ星先生は私の話をよく聞いたうえで丁寧に治療の説明をして下さいました。そしてなるべく快適に治療を受けられるよう気配りされるので緊張も徐々にほぐれてゆきました。鍼をうってしばらく時間をおくのですが治療室に流れる音楽を聴きながらウトウトしてしまうほどでした。

私は、症状がでてから数か月経っていたので手遅れかと心配しましたが数回の治療後に耳詰まりもほぼとれ耳鳴りも気にならない程度まで回復しました。

一旦、治療を終えた後も季節や体調により耳の調子が悪くなる時がありますが、ひどくならないうちにとその都度見て頂いており「ほし治療院」は私の駆け込み寺(失礼!)として心強い存在となっています。

 

 

こちらの患者さまは、50代後半の女性の方です。9月に発症され翌年の1月の終わりに初診でいらっしゃいました。最初は週に1回のペースで最後の方は様子をみながらもう少し間隔をあけて計19回治療させていただきました。

 

※治療の効果には個人差があります

 

 

突発性難聴(低音障害型)の患者さま

 

DSC_110212月下旬のある朝、突然左耳の聞こえが悪くなり、耳鳴り、耳が詰まった感じで不快な状況になりました。翌日、近隣の耳鼻科を受診し、聴力検査をうけ、突発性難聴(低音障害型)の診断を受けました。ステロイド薬、手足の痺れを改善する薬、血流改善薬などの処方をうけて一週間投薬し、再度診察と聴力検査を行いましたが、全く改善していなかったため、近隣の専門病院の紹介を頂き受診することになりました。年末年始七日間連続で通院し、ステロイド剤の点滴治療を行いましたが、結果は若干(10㏈)の聴力改善がみられたものの耳鳴りも続く状況で、耳が詰まった感覚や聞こえが悪い状況は続き、生活上で不快な状況は改善しませんでした。
今振り返ると、年末は仕事が立て込んでいたこと、発症直前に睡眠不足が重なっていたこと、リモートワークが続き運動不足で首肩こりも酷かったことを記憶しています。
発症後1ヵ月が経過したころ、インターネットでほし先生の治療院のホームページを拝見して電話で相談、1月中旬に治療院へ伺い、週1回で計6回の治療計画を立てて頂き治療が始まりました。鍼とお灸は、自分自身初めての体験でしたが、全く問題なく毎回治療をうけることが出来ました。
治療院は診察室も広く静かで、コロナ対策も対応して頂いており毎回とても安心して受診することが出来ました。また、生活習慣の改善や自宅で出来る対処方法のアドバイスも多くいただきました。鍼灸治療を始めてからも病院で処方された血流改善薬や漢方薬は飲み続けていました。
3回目の治療までは、なかなか症状の改善はなく、2月初旬の聴力検査でも改善していませんでしたが、当初の計画通りあきらめずに治療に通いました。
5回目の治療をうけた後から、耳鳴りが改善し、6回目の治療後には明らかに耳鳴り、左耳の詰まった感覚が解消、聞こえも良くなったと感じることができました。2月下旬に再度聴力検査をうけたところ、右耳とほぼ同じ聴力レベルに改善していることがわかりました。最終的には7回の治療をうけて終えることになりました。
年末年始のステロイド剤の点滴治療でも改善しなかった際に耳鼻科の先生からは、これ以上の改善は見込めないとの説明もあり、正直あきらめかけていた部分がありましたので今回、ほし先生の治療をうけて耳鳴りがなくなり、聴力もほぼ元のレベルに改善したこと、本当に嬉しく思います。
今後も睡眠時間の確保、ウォーキング、水分摂取等の生活習慣の改善に心掛けたいと思います。

こちらの患者さまは、50代半ばの男性の方です。

患者さまの同意を得て聴力の結果表をださせていただきました。

※治療の効果には個人差があります

 

耳鳴り頭なりの患者さま

去年10月に後頭部あたりが、ジーンというかビーンというか鳴っている気がするようになりました。
耳鳴りとは何か違う気がしましたが耳鼻科に行ってみました。特に病名は言われず薬をもらい様子をみましょうという事でした。脳神経外科でCTもとりましたが、何もありませんでした。
耳鼻科の薬を飲んでいても特に変わらず、頭のうっとうしさが我慢できなく、ずっとこのままなのかと不安で何か方法はないかとネットで探し、ほし治療院と出会い通わせていただきました。
2回目、3回目くらいから、だんだん感じる音が小さくなり、ほぼ気にならないくらいまでになりましたので治療を終わりにしました。その後、今日は頭鳴りが一日しているなぁという日もありますが、おかげさまで星さんの所に行き始めた頃のような事はなく助かっております。

 

 

 

 

こちらの患者さまは、60代の女性の方です。全部で6回ほど治療させていただきました。聴力は高音が少し落ちていて耳鼻科では加齢によるものと言われたそうです。今も時々、頭鳴りはあるそうですが苦痛に感じることなく、日々の生活をおくれていらっしゃる事、うれしく思います。

※治療の効果には個人差があります

低音障害型感音難聴と耳管開放症の患者さま

8月の末頃、急に洗濯機やキッチンの換気扇の音がうるさく、不快に感じるようになったため、かかりつけの耳鼻科を受診しました。結果は低音障害型感音難聴。発症したのは3度目で、ちょうどストレスで体重が落ちたり、蕁麻疹を繰り返したりしていた時期でした。
以前のように代謝を良くする薬だけでは治らず、利尿剤を飲んで9月の中頃にやっと聴力は回復しました。しかし、左耳の詰まりと多少の耳鳴りは残り、新たに耳管開放症の症状が頻繁に起こるようになりました。このまま一生、耳の詰まりと耳鳴りと付き合っていくのは嫌でしたし、メニエール病を患っている親戚に鍼も結構効くという話を聞いたため、星先生の治療を受けるにいたりました。
週1回のペースで計5回の治療を受け、2回目以降は気持ち良くて気づいたら寝ていました。3回目を受ける際には耳の詰まりはほぼなくなり、耳鳴りも、耳管開放症の症状も落ち着いていました。そこから5回目で治療を終えるまでは一切耳鳴りや耳管開放症の症状が起こることはありませんでした。加えて、もとから鍼に対する恐怖心がなかったことと、治療を受けている間に生活習慣を意識していたこともあるのか、いつも以上によく眠れるようになり、毎週先生のところへ通うのが楽しかったです。パソコンを使う機会も多いため、今後は肩こりや冷えにも気をつけて過ごしていこうと思います。
できれば再発は避けたいところですが、次再発した時は即、先生のところにお世話になりたいと思っています。本当にありがとうございました。

 

 

この患者さまは、20代前半の女性の方です。治療を始めたのは発症から2ヵ月近くたってからの10月半ば頃でした。3回目の再発ということでしたが、5回の治療で症状が改善されました。ご自身で生活習慣など見直されたのも良かったのだと思います。

※治療の効果には個人差があります

突発性難聴の患者さま

DSC_0846
DSC_0846
DSC_0845

DSC_0845

12月にかなり忙しい状態が続き休みもなく働いたあと、1月の終わりの金曜日に左耳がつまった感じがしはじめ、翌日の土曜日の朝はさらに状況が悪化し、つまり感や音がおかしい等の症状が出始めたため、すぐに近所の耳鼻科を受診しました。耳鼻科では低音が障害されている突発性難聴との診断をうけました。すぐにステロイド等の薬を処方していただけましたが、月曜日の朝の時点であまり改善がなく、他にも何かできることがないかと調べていたところ、ほし先生の治療院を見つけ、さっそく電話をさせていただきました。先生は早い方が良いと、お休みにも関わらず火曜日に治療を開始して下さりました。
それから、ほぼ一日おきに治療をしていただき5回目くらいから確実に聞こえ方が良くなってきていること、耳鳴りが小さくなってきていることを実感しました。7回目の治療の後、1日あけて病院で聴力検査を行ったところ全ての音の周波数が右耳と同じレベルまで改善していることがわかりました。これは、本当にうれしいことでした。また、自分は鍼に敏感なのか、治療のたびにだるさなどを感じてしまいましたが、先生はそんな自分に合わせた治療を毎回行って下さいました。

突発性難聴はどれだけ早く治療を開始するかが重要らしいので耳鼻科の薬と並行してかなりの頻度で治療をして下さった先生に感謝です。本当にありがとうございました!

 

 

こちらの患者さまは50代の男性の方です。オージオグラムも許可をいただきましたので載せさせていただきました。私の携帯で写したものなのではっきりとわからないと思うのですが…向かって左が治療前のもので周波数の左側が下がっているので高音以外の聴力が落ちています。一番落ちているところで50㏈です。右側は正常値内にすべて戻ったものです。10㏈以内に左右ともおさまっています。耳鳴りもほぼ気にならなくなったそうです。耳鼻科でのステロイド薬と鍼灸治療をほぼ同時に早いタイミングで始められたことが良い結果につながったのだと思います。

 

※治療の効果には個人差がありますのでご了承ください

頭鳴りと耳鳴りの患者さま

 結論から申し上げますと、星先生の治療でほとんど完治致しました。
耳鳴り・頭鳴りが始まってから1か月、数件の鍼灸院を訪ねましたが効果がなく、悲観にくれていたところ星先生の治療院を知り、藁をもすがる気持ちで治療をお願いしました。
 4~5日の間隔をあけて鍼とお灸の治療を行い、4回目で音が小さくなり、5回目以降は、日中は耳鳴りが気にならなくなりました。
 カウンセリングも時間をかけた大変丁寧な対応で、心が弱っている時にはメールやお電話まで頂戴して励まして下さいました。心から信頼できる先生です。
 院内の換気、フェイスシールド、マスクなどコロナ対策も万全で、安心して通院できます。

この患者さまは、50代の女性の方です。お若い頃からコンサート等大きい音の所へ行くと耳の調子が悪かったり、耳鳴りも時々あったそうですが、すぐに治まっていたので特に気にしていなかったそうです。
今まで、頭鳴りで治療させていただいた患者さまは、耳鳴から始まり頭鳴りに変化していった方ばかりだったのですが、この方は頭、右耳、左耳の3か所からそれぞれに音がするという事でとてもお辛そうでした。計7回ほど治療をさせていただき、だいぶ気にならなくなり鳴っていないような時も増えているということで終了させていただきました。

※治療の効果には個人差がありますのでご了承ください

疲れ目、ごく早期の緑内障の患者さま

去年、目の疲れがひどく眼科に行くと、ごく早期の緑内障と言われました。眼圧も高くなっていると言われ目薬は処方されませんでしたが、半年ごとの定期健診に来るように言われました。子供もいるので、早くから緑内障の対策を始めた方がいいと思い、ネットで鍼灸が良いというのをみつけ、ほし治療院のことを知りました。
以前から鍼灸は好きでちょくちょく通っていましたが、ほし先生の鍼の数は多く、治療も時間をかけていただけるので、すぐに効果が現れました。夕方の疲れ目も減りましたし長時間パソコンやスマホを見ても目があまり疲れません。通う前は、夕方にはテレビの画面も疲れるし家事もできないほどにひどかったです。目薬についても色々教えていただけました。(妊娠、授乳中の方に鍼と灸をおすすめしたいです。使えない薬などあるので)
これからもよろしくお願いします。

この患者さまは、30代の女性です。今まで2回ほど治療をさせていただきました。ごく初期の緑内障で目薬も処方されていないということで、3週か4週に一度のペースでの治療をおすすめしています。

※治療の効果には個人差がありますのでご了承ください。

低音障害型感音難聴の患者さま

 天候の悪い日が続いていた10月上旬、左耳が詰まったような違和感を覚えました。音は聞こえているので低気圧のせいかなと思いつつ、念のために耳鼻科を受診したところ「低音障害型感音難聴、原因はストレスです」とのこと。耳のトラブルは初めてで、ストレスを自覚していたわけでもなかったので正直驚きましたが、思い起こせば新型コロナの影響で家族の在宅時間が長くなったことに伴い家事の負担も増し、また新しく仕事を始めたこともあって、知らず知らずのうちに疲労が蓄積していたのかもしれません。
 耳鼻科では内服薬で治療をすることになりましたが、原因がストレスであれば東洋医学も効果があるのかもしれないと思い立ち、たどりついたのが星先生です。鍼は初めてでしたが、優しくご丁寧に治療の流れを説明してくださり、不安を感じることなく受けることができました。1ヵ月ほど診ていただき、症状はすっかり治まりました。施術中は、自分のためだけに時間を使っていると感じられる大切なひとときで、とてもリラックスでき、毎回通うのが楽しみでした。これを機会に、今後も自分の身体と向き合っていきたいと思います。ありがとうございました。

こちらの患者さまは、50代の女性です。10月22日に初診でおいでになり、11月22日まで計10回ほど治療をさせていただきました。
鍼治療を身近に感じ、鍼とお灸に関係している本を読まれているとの事。興味をもっていただきとてもうれしいです。

※治療の効果には個人差がありますのでご了承ください

低音障害型感音難聴の患者さま

 あれは忘れもしない9月の連休の時でした。朝起きた時から風邪のような耳詰まりの状態でした。「風邪なのかな」と思っていたのですが、一向に治らず耳鳴りまで出てきたのです。「私、耳鳴り?」と半信半疑でしたが、治まらないので耳鼻科へ行きました。聴音検査等しますと「低音障害型感音難聴」と診断をうけました。難聴?家族では誰もなった事がないのに。
その後、色々ネットで調べて耳鳴りに効くツボなど検索していました。ツボを押しても良くならず、そのうち「眼と耳の鍼治療」に行き当たりました。「眼と耳」の鍼治療というのも専門的で良いと思いました。予約をしようと、お電話をしましたら早い方が良いとの事でその日の時間外で治療をしてくれました。
鍼は興味がありましたが初めてでした。鍼をうったところが、所々ジーンとして凝っているのだなと思いました。耳鼻科へ通院している事もふまえ、色々とアドバイスもしていただきました。日常生活をおくるうえでのアドバイス、鍼治療をうけた後の体の事など教えていただきました。一回目、二回目、三回目で耳鳴りは、ス~ッと消えるようになくなりました。それでも定期的に通ったほうが良いのかと思いましたが、四回目で「これで終わりです」と言われびっくりしました。また何かあったら、お願いしたいと思います。ありがとうがざいました。

この患者さまは、60代の女性です。連絡をいただいたのが発症後、二週間くらいの時で日が浅かった為、すぐに治療を始めさせていただき一週間で三回ほどやらせていただき耳鳴りが改善されました。四回目にいらした時も耳鳴りは起きておらず、治療を終わらせていただきました。発症後、比較的に早い段階で治療を始められたのが良い結果につながったのだと思います。

※治療の効果には個人差がありますのでご了承ください

月経困難症の患者さま

以前から通院している父のすすめにより中学生頃から約10年苦しんでいる月経困難症を緩和するため治療していただきました。
 
通院前は、毎月月経がくるたびにロキソニンを1日3錠以上飲んでいたりしました。
鍼灸治療をうける数か月前に婦人科クリニックにてピルを処方してもらいましたが、更に痛みが悪化してしまい月経の時以外も腹痛がするようになっていました。
しかし、治療院での鍼とお灸の治療と自宅での円皮鍼とお灸をはじめてからは、わずか1週間で腹痛の症状が和らぎ、月経週はロキソニンを飲んでも1錠や2錠だけという状態にまで改善しました。
みき先生は大変お優しく、施術の時間は毎回和やかな雰囲気で通院がとても楽しみでした。先生には非常に感謝しております。

今後は、オーストラリアでの生活を始めるため先生に教わった方法を自宅で続けていきます。本当にありがとうございました。

こちらの患者さまは20代前半の方で海外での生活を始める前に毎月辛い月経痛をなんとかしたいという事でいらっしゃいました。機能性の月経困難症という事で約2か月の間に4回ほど鍼灸治療をさせていただきました。毎日の自宅でのお灸は大変だったと思いますが頑張っていただいたおかげで効果がでるのがはやかったのだと思います。

※治療の効果には、個人差があります

ほし整体カイロ

▲TOPへ戻る